岩盤浴健康法!全国岩盤浴の紹介

岩盤浴健康法では岩盤浴の基礎知識、効果の高い入浴法、全国の岩盤浴を紹介しています。

ga.gif

盤浴の基礎知識の目次

岩盤浴とは

g020.gif
石を温めて、その上に寝そべる。それが岩盤浴です。

45~50度位に温めた天然の鉱石の上にバスタオルなどを敷いて横たわることで、サウナ以上の発汗作用を得られるので、「お湯を使わないお風呂」といってもよいでしょう。
鉱石板や玉石の下に熱源を設置して石を温め、遠赤外線を放出します。この遠赤外線は人体の奥深くまで熱を伝えるため、発汗によるデトックス効果があります。

 また、マイナスイオンも発生するので、リラックス効果も大きいのです。

g005.gif

 運動をしている時は酸素が欠乏し、血液がドロドロになっています。そのような状態で汗をかくと、血しょう(血液の中の液体成分)が汗と一緒に出てしまい、それが汗臭さの原因となります。
 岩盤浴の場合は、マイナスイオンが酸素を全身に行き渡らせやすくするので、熱が出て汗をかきます。
そのため、心臓に負担がかからない大変健康的な入浴方法です。

期待される効果

g001.gif

岩盤浴で期待される具体的な効果には、次のようなものがあります。

● 冷え性の改善
● 血液循環の改善
● ガン予防と再発の防止
● 美肌効果(体内コラーゲンの合成)
● ダイエット効果(新陳代謝の促進)
● 腰痛・関節痛・肩こり・リウマチの改善
● 糖尿病・肝臓・心臓などの病気や免疫力向上
● 低血圧・更年期障害等の婦人病
● アトピー性皮膚炎
● 便秘症の緩和
● 老化防止
● 体内浄化(デトックス効果)
● ストレスの解消・軽減

岩盤浴の入浴方法

g002.gif

 入浴方法はカンタンです。休憩をはさみ、水分を補給しながら繰り返し入浴しましょう。脱水症状を起こしては大変ですから、水分は必ず補給しましょう。

1.入浴前に温かいお茶や水を飲んで、発汗による水分不足を補います。
2.浴床の上にバスタオル等を敷きます。
3.腹這いなって5分位お腹を温めます。
4.仰向けになって10分位背中を温めます。
5.5分位、休憩し、忘れずに水分補給をします。
6.無理がなければもう再入浴し、1.と2.を2~3回繰り返すと効果的です。
7.汗を拭いて着替えます。シャワーを浴びてもかまいません。

岩盤浴に使われる石

g003.gif

 岩盤浴には、いろいろな天然の鉱石が使われます。秋田県の玉川温泉では、地熱で温められた岩場の上にゴザを敷いて横になるという、温熱療法が昔から親しまれており、日本の岩盤浴のルーツともいえます。この玉川温泉には、「北投石」という特別天然記念物にも指定されている石があります。これは鉛を含む重晶石で、ラジウムも含むため放射性があります。

 ほかにも、三朝温泉の「玄武岩」、増富温泉の「花崗岩」、二股温泉の「石灰岩」などがありますが、岩盤浴施設を提供するサロンなどでは、北海道の「神黒石」(ブラックシリカ)、石川県の「医王石」、群馬県の「貴陽石」、九州の「天照石」、さらに韓国の「麦飯石」、「天寿石」、富士山の溶岩などが用いられます。

岩盤浴の仕組み

g004.gif

 岩盤浴が美容と健康によいといわれるのは何故でしょう。まず、温めた石から放出される遠赤外線がその理由です。

 普通のお風呂では、体の表面だけが温まり、中心部まではなかなか温まりません。それにひきかえ、遠赤外線の場合は、逆に体の中心から温まっていきます。それによって、さらさらの「いい汗」をかくことができるのです。

 また、岩盤浴の石からはリラックス効果があることで知られるマイナスイオンも発生します。
 マイナスイオンとは、滝・海岸・森林等、空気の汚れが少ない場所で空気分子・水分子が紫外線や太陽風と反応して生成すると考えれれています。空気が汚れているとマイナスイオンが発生しても浮遊粒子(ダスト)と反応してすぐ消失してしまいますが、例えば岩盤浴室に多く用いられるブラックシリカなどは、トルマリン等の鉱石と同等もしくは、それ以上のマイナスイオン効果を持つことが分かりました。
 心身のリラックスは免疫力アップにつながります。岩盤浴でいい汗をかき、美しく健康でいたいものですね。

岩盤浴とは / 期待される効果 / 岩盤浴の入浴方法 / 岩盤浴に使われる石 / 岩盤浴の仕組み /