岩盤浴健康法!全国岩盤浴の紹介

岩盤浴健康法では岩盤浴の基礎知識、効果の高い入浴法、全国の岩盤浴を紹介しています。

ga.gif

盤浴の効果の目次

遠赤外線でサラサラ汗

g007.gif

 岩盤浴の石から出る「遠赤外線」。よく耳にする言葉だけれど、どんなものなのでしょう?
 気温が低くても、日当たりのよい場所で日を浴びていると、体の心からぽかぽかと温まってきたという経験がありませんか?それが太陽からの遠赤外線効果なのです。岩盤浴にも、同じ効果があります。
 遠赤外線で温まることは、ただ気持ちがよいだけではなく、体内の細胞を活性化させ、血液やリンパ内の酸素を循環させ、血液やリンパ液をサラサラにして流れをよくします。

 光(電磁波)は波長の長さによって分類されますが、赤外線(波長約0.8~1000μm)は熱的作用の強い電磁波です。このうち、約0.8~4μmを近赤外線、4~1000μmを遠赤外線といい、遠赤外線の中でもとくに4~14μm程度の波長帯を通称「生育光線」と呼びます。その理由は、4~14μmと言う波長が動植物を構成している物質の共鳴吸収波長域に相当し、生体の細胞を活発にする作用があるからです。

g006.gif

 また、遠赤外線効果で体の中心部が温まると脳のセンサーが反応して、ジワーッとゆっくり汗をかきます。これは、濃度が低く水に近い汗を排出して、大事な成分は元の血管に再吸収する「いい汗」で、ベタベタしません。
 さらに、マイナスイオンの界面活性作用によって、水分の粒が分割されて小さくなり、遠赤外線の共鳴振動が、その粒が再び大きくなるのを防ぎます。そのため、粒の小さいサラサラの汗になるというわけです。

体の毒出しデトックス効果

g013.gif

 近ごろよく耳にする「毒出し」「デトックス」という言葉。何のことかご存じですか?実は、わたしたちは知らず知らずのうちに、体内に毒素を溜め込んでいて、それが便秘や肌荒れ、肥満や体調不良などの原因になっているのです。その体内毒素を、体の外に排出してやって、美しさや健康を取り戻すこと、それがデトックスです。デトックスの方法はいろいろですが、汗をかくこともその1つ。岩盤浴で汗をかくことで、体の毒出し効果が得られるのです。

 ところで、体内に溜まる毒素とは、どんなものがあるのでしょうか。
 たとえば、水銀、ヒ素、カドミウム、鉛、ダイオキシンなどの有害物質が、食べ物や身のまわりの様々なところから、知らずに体内に入り込んでしまいます。汗をかくことで、こういった毒素を体の外に追い出すことは、とても大切なことなのです。

g014.gif

いい汗かいて脂肪を燃やす

g015.gif

 ダイエットのために食べる量を減らした経験があるという人は多いでしょう。でも、ちょっと待って。
 食べ物から得た栄養素をエネルギーに変えるはたらきを代謝といいますが、食事制限を続けると、代謝に必要なエネルギーやミネラルが不足して、代謝が低下してしまいます。こうなると、いくら食べる量を減らしても、効果はありません。

 反対に、代謝力を高めれば、体の脂肪はどんどん燃焼されるのですから、ダイエットを目指すなら、いかにしてこの代謝力を高めるかが大事です。汗をかくと、代謝によって上昇した体温の熱を放出できるので、いっそう代謝が活発になります。岩盤浴で出る汗は、体に必要なミネラルは体内に残す理想的な汗。さらにウォーキングなど適度な運動を組み合わせると、より効果的です。

お肌のアンチエイジング

g017.gif

 みずみずしい美しい肌は、すべての女性のあこがれといえますが、残念ながらお肌の老化は20代半ばにはもう始まってしまいます。それは仕方のないことだとしても、なるべく若さを維持し、老化を防ぐアンチエイジングを心がけたいものですね。

 肌をよい状態に保つためには、みずみずしさとうるおいの両方が不可欠です。汗による保湿性と、皮脂による保油性がそれにあたり、汗腺から出る汗と、皮脂腺から出る皮脂とが混ざり合って、皮脂膜をつくります。
 皮脂膜は、必要な水分の蒸発を防ぎ、同時に悪玉細菌の繁殖や、ウイルスの侵入を防いでくれるたのもしいバリアーの役割を果たしています。

g016.gif

 皮脂は、糖分の摂り過ぎやストレスなど、ちょっとしたことでうまく出なくなりがちです。でも、普段から汗を各習慣をつけて、汗の出る汗腺をよい状態にしてやることで、皮脂腺もうまくはたらくようになります。いい汗をかいて、お肌のアンチエイジング。さっそく心がけてみましょう。

免疫力アップで健康に

g008.gif

 岩盤浴でじっくり、ゆっくりいい汗をかくことで、免疫力や自然治癒力を高めることができます。
 免疫力とは、体内に入り込んだ病気などの異物に抵抗して、病気にならないように守ってくれるはたらきのこと。岩盤浴でじっくりと汗をかいているときは、副交感神経という自律神経が優位になって、心身ともにリラックスした状態になっています。

 自律神経は、人の意志とは無関係にはたらいて、臓器をコントロールしています。意識しなくても心臓が動いているのも、自律神経によるはたらきです。この自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、昼間活発にはたらくのが交感神経、夜になると活発になるのが副交感神経です。交感神経が活発にはたらいているときは、心臓の鼓動が速くなったり、血圧が上昇したりし、副交感神経が活発な状態では、リラックスします。一般に、副交感神経の方が活発になると免疫力がアッップするといわれています。 

遠赤外線でサラサラ汗 / 体の毒出しデトックス効果 / いい汗かいて脂肪を燃やす / お肌のアンチエイジング / 免疫力アップで健康に /